看護局のページ

教育体制

      
「中規模ケアミックス病院」の強みを、看護師育成に活かして。
  私たちが目指す看護師像は、患者さんの情報を的確にとらえ、看護実践に結び付けられる人財。
受け持ち看護師としての役割のほか、専門的な知識を身につけることも求められます。
そこで必要になるのが、次の3つのスキルです。
  急性期病床、療養病床、各科外来、各種センターなど、当院には、中規模ケアミックス病院だからこそ経験できる様々な環境と業務があります。さらに、充実した研修制度による認定看護師の取得など、より専門的な看護領域を深めることができます。
私たちは皆さん一人ひとりを「組織の財産」と考え、看護師としてはもちろん、人として成長できるよう、レベルに合わせた研修環境を整えていきたいと考えています。
研修責任者 東 栄美子
(教育担当師長)
  クリニカルラダー
2年目以降は、OJTと集合教員(OFF-JT)による学習体制を、看護実践能力開発評価システム(クリニカルラダー)に沿って整えています。また、専門職として必要な知識や技術を身につけていくために、院外研修への参加も積極的に支援しています。