整形外科
 年齢による疾患に対する保存的な治療から、手術などの緊急性を要する治療まで、様々な整形外科疾患に対する豊富な診察実績があります。

人生100年時代~骨粗しょう症の早期発見に「骨密度検査」をおすすめします~


 骨粗しょう症とは、体内のカルシウムが不足して骨の密度が低下し、もろく折れやすくなる病気です。骨折の頻度が高まると、日常生活動作(ADL)や生活の質(QOL)の低下につながります。骨粗しょう症は女性に多く、50代の10人に1人、60代の3人に1人、70代の2人に1人と言われています。 当院では、骨粗しょう症の診断・治療にも注力しています。気になる方は、整形外科にご相談ください。


 
内視鏡手術の様子 骨密度測定器(DXA)