外科

 一般外科、消化器外科、乳腺・内分泌外科、呼吸器外科等の専門医が、幅広い疾患に対する診療を行っています。麻酔専門医と連携して術後の疼痛管理も重視しています。薬剤師、看護師、理学療法士、作業療法士、管理栄養士などの多職種との連携によるチーム医療を大切にしています。

【主な特徴】

  • 消化器(食道、胃腸、肛門、胆嚢、肝、膵など)疾患、呼吸器(肺、縦隔など)疾患、乳腺甲状腺疾患、血管疾患(下肢静脈瘤など)等を中心に、外科全般にわたる診療をおこない、低侵襲手術、機能温存手術など最新の治療法を積極的に取り入れています。
  • 胆石症、胃腸腫瘍の一部に関しては、内視鏡を用いた手術を行っています。
  • 肺の手術も、可能な例は内視鏡を用いた手術を行っています。
  • 早期の乳がんでは、乳房の温存手術を施行しています。
  • 直腸がんでの自律神経温存手術や肺がん縮小手術等の機能温存手術に積極的に取り組んでいます。
  • 進行がんに対しては、手術療法と化学療法を組み合わせた集学的治療(総合的治療)を行っています。
  • 胃と大腸の内視鏡検査を充実させており、早期がんの内視鏡切除や出血性潰瘍、食道静脈瘤破裂の緊急止血術を積極的に行っています。
  • 経口摂取ができない方の対応として、内視鏡胃瘻造設術を行っています。
  • 慢性肝疾患については、定期的な診察と各種検査により、肝がんの早期発見につとめ、TAE(肝動脈塞栓術)、PEIT(エタノール注入療法)で治療しています。 C型慢性肝炎に対するインターフェロン療法、自己免疫性肝炎に対するステロイド療法などと、他の治療法を併用して肝炎の進行防止につとめています。 胆道・膵疾患については、超音波、CT、ERCP等で疾患の診断につとめています。

【特色ある外科の診療】

【消化器疾患の診療】

【外科系の専門外来】
・便秘肛門外来
・胸部腫瘍外来
・乳腺外来
 

手術の様子
外来待合室