子宮頸がんとは

 子宮頸がんは、例外はありますが、主に性交渉によって感染する、ヒトパピローマウイルス(HPV)が原因として発症します。このウイルスは、 すべての女性の約80%が一生に一度は感染していると言われているほど、ありふれたウイルスです。感染してもほとんどの場合は自然に消滅しますが、一部の場合は子宮頸がんに進展し、 日本では年間約15,000人が子宮頸がんにかかり、毎年約3,500人の女性が亡くなっています。

ワクチンで予防することができます

 HPVには150種類以上の型がありますが、中でも、HPV16型とHPV18型と呼ばれる2種類は、子宮頸がんを発症している20~30代の女性の75~90%から見つかっており、 発がんリスクが高い型であるといえます。このHPV16型とHPV18型は、ワクチンを接種することで、感染を長期にわたって防ぐことができます。そのため、これから感染する可能性のある方や、 性生活の未経験の方は、早い段階で接種を受けることが特に効果的といえます。ワクチンは小学6年生から接種することができ、3回接種することによって抗体をつくります。
 ※現在、ガーダシルは男性への接種が可能となっております。ご希望される方は、当院までお問合せください。

ワクチン助成制度について

 対象の方は、各自治体にて一部助成を受けることができます。詳しくはお住まいの自治体までお問合せください。


当院でのワクチン接種方法について

 こちらからご確認ください。



子宮頸がんに関する情報サイト(外部リンク)

 子宮頸がんワクチン