子宮頸がんとは

 子宮頸がんは、性交渉によって感染する、ヒトパピローマウイルス(HPV)が原因として発症します。このウイルスは、すべての女性の80%が一生に一度は感染していると言われているほど、ありふれたウイルスで、性交経験のある女性なら誰でもかかる可能性があります。近年では、20代~30代の若い女性の発症率が急増しているとの報告があります。発見が遅れれば、子宮やその周りの臓器を摘出しなければならなくなる場合もあります。

いつまでも続く感染リスク

 HPVは、感染してもほとんどが自然に排除され、子宮頸がんに発展するのはごくわずかです。しかし、一度感染しても、再感染を防ぐほどの免疫は得られにくいため、何度も感染を繰り返す可能性があります。そこで、ワクチンを接種することによって、ウイルスなどに対する抗体をつくっておくことが必要となります。
  

ワクチンで予防することができます

 HPVには100種類以上の型があり、そのうち約15種類が発がん性があるとされています。中でも、HPV16型とHPV18型と呼ばれる2種類は、子宮頸がんを発症している20~30代の女性の70~80%から見つかっており、発がんリスクが高い型であるといえます。しかし、このHPV16型とHPV18型は、ワクチンを接種することで、感染を長期にわたって防ぐことができます。ワクチンは10歳から接種することができ、3回接種することによって抗体をつくります。なお、ワクチンはHPV16やHPV18の感染を防ぐものであり、すべての発がん性HPVの感染を防げるわけではありません。また、すでに感染しているHPVを排除したり、がん細胞を治す効果もありません。そのため、ワクチン接種後も、定期的に検診を受けることをおすすめします。

当院でのワクチン接種の流れ

 当院ではご希望の方にワクチンの接種を行っております。接種に当たっては、有効性とリスクを理解した上で受けてください。ワクチン接種は半年間かけて行います。小学生・中学生は小児科、それ以外の方は産婦人科を受診してください。(但し高校生は、小児科でも接種を受けることができます。)予約は必要ありません。1回目の接種の1ヶ月後に2回目を接種し、その5ヵ月後に3回目の接種をします。

子宮頸がん情報サイト

 「子宮頸がん情報サイト:allwomen.jp 」