看護局のページ

その他

       
  PNS PNS
■患者・看護師に安心で安全な看護
看護師が2人1組になって看護業務に当たる「パートナーシップ・ナーシング・システム(PNS)」。
良きパートナーとして対等な立場で互いの特性を生かし、相互に補完し合いその成果と責任を共有することでミスの芽や残業、離職が減るなどの効果が出ており、近年注目されています。
当院でも2013年度からPNSに取り組んでいます。
  PNS
 
  WLB  
■ライフステージが変化しても「働きたい」「働き続けたい」
・・・その声に応えます。
個人それぞれのバランスで、仕事と生活の両立を無理なく実現できる状態のことです。仕事と生活を調和させることで、両者間に好ましい相乗効果を高めようという考え方とその取り組みをさします。 WLB
  WLB
 
  ■子育てしながら安心して働きつづけることができる病院を目指して
  2015年8月付けで、石川労働局より県内初となるプラチナくるみん認定を受け“プラチナくるみんマーク”を取得しました。 くるみんマーク
次世代認定マーク「プラチナくるみん」
 これは、次世代育成支援対策推進法に基づき、自らが定めた行動計画を満たした企業が認定を受けられるものです。当院では「育児休業の取得率」「年次有給休暇の取得推進」等の行動計画を策定し、女性職員の育児休業取得率100%に加え、男性職員の育児休業取得などの実績が評価され、認定となりました。今後も子育て世代を積極的にサポートしていきます。

→厚生労働省 石川労働局のページに掲載されています。